気に入って長く大切に使えるモノは環境にも良い モノガイドは環境と暮らしにやさしいモノを紹介します
モノガイド
HOMEモノガイドとはサイトマップ
 

2008/1/30 水曜日

コメントありがとうございます

Filed under: comment — editor @ 21:20:56

皆様からいろいろご意見、ご質問などをお送りいただいています。一部を紹介します。

油の代わりに水を利用! 画期的な燃料?について

これは画期的ですね。
是非、実用化を普及させて原油産出国やオイルファンドたちに一泡吹かせたいものです。地球のためにも。(黒目川太郎さんより)

そうですね。是非普及させてもらいたいですね。(編集部)

我が家の娘は4月から小学生。学習机の購入を検討しているのですが、部屋のスペースやを考えると大きなものは置けません。機能性がよくて、コンパクトな学習机があったら教えてください。参考にしたいです。 (ぽんこさんより)

今後情報がありましたら掲載したいと思います。おすすめ商品をご存知の方はお知らせ下さい。(編集部)

参考になったとのご意見もいただきます。遠くアフリカからコメントしてくださった方もいらっしゃいます。ありがとうございます。

2008/1/3 木曜日

油の代わりに水を利用! 画期的な燃料?

Filed under: news — editor @ 16:05:03

日本の会社が省エネとCO2削減につながる画期的な技術を開発したそうです。 

油の役割を果たす「エネルギー転換機能水」という水と油を同量くらいずつ混ぜた「エマルジョン燃料」というもので、油だけのときよりもエネルギーは2倍ほど、しかし、CO2の発生は約半分という画期的な技術だそうです。しかもたいしたコストはかからず、エマルジョン燃料につきもののさまざまな難点も克服されているとのことです。 

もしこれが普及すれば、不足している原油の消費は半分以下になり、C02も大幅に削減できることになるという画期的な技術です。 

水で薄めているのにもかかわらず普通の油より良く燃えるというのはにわかには信じがたい発表ですが、もし本当に実用化、普及できれば大変すばらしい技術です。1月16日には公開実験も予定しているそうです。 

開発元の深井環境総合研究所という会社は代表の深井さんという方が一刻も早く温室効果ガス排出量削減の手段を開発しなければ人類が滅びかねない、という認識から、利益は一切度外視して立ち上げた会社だそうです。 

日本での正式発表はこれからで、実用化のための情報もまだ不足しています。また新たな情報が出てきましたらまたお知らせしたいと思います。 

開発元:深井環境総合研究所
http://fukaisoken.jp/ 

HTML convert time: 0.166 sec. Powered by WordPress ME